巨額損失の米メリル、英法人税支払いを数十年にわたって回避も-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オ ンライン版)は14日、米証券大手メリルリンチが向こう数十年にわたって英国 で法人税を支払わない公算が大きいと報じた。同社が英子会社に計上した290 億ドル(約3兆1840億円)の損失が理由という。

メリルが当局への届出書で公表したこの損失額は、米サブプライム(信用 力の低い個人向け)住宅ローン市場崩壊がいかに米国から離れた外国政府の税 収にまで影響を及ぼしているかを浮き彫りにしていると、同紙は分析。英国で の損失計上は、メリルが債務担保証券(CDO)市場でのほぼすべての取り扱 いを英子会社メリルリンチ・インターナショナル経由としたためという。

同紙によると、メリルはこの290億ドルの英国での損失を税制上、無期限 で持ち越すことができる。現行の法人税率(28%)の下、メリルは同損失で将 来の利益を相殺でき、英国で支払う税額は最大80億ドル減少する。同社はコメ ントを控えたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE