短期市場:翌日物は安定推移、積み最終も外銀需要減少-大手行様子見

短期金融市場の無担保コール翌日物は0.50 -0.52%で安定推移している。準備預金の積み最終日に国債決済が重なって、通 常は調達が強まりやすいが、為替スワップの円転コスト低下を受けて外国銀行の 需要が少なく、国内大手銀行は年金の払い込みを受けて金利低下が見込まれる午 後まで積極的な調達を手控えているとみられる。

翌日物は前日の加重平均0.512%に対し、外銀の調達が0.515-0.52%から

0.505-0.51%と徐々に落ち着いており、調達に動く数も限られている。国内大 手行は0.50%で調達を始め、いったん様子見の姿勢だ。前日の取引では0.51-

0.515%で積極的な資金確保が見られていた。

インターバンクの市場関係者によると、きょうは年金が入るので地銀の調達 が少なく、メガバンクも最後には資金が入ってくることを予想しており、調達側 も運用側も様子見の雰囲気が強いという。年金が動き出す午後が取引の勝負で、 午後零時50分の調節である程度の資金が吸い上げられると予想していた。

日銀が午前9時20分の定例調節を見送り、準備預金(除くゆうちょ銀)は 3000億円増の4兆9000億円程度になる。最終日の必要積立額(3兆9300億 円)と前月の最終日の超過準備額1兆円程度から推計した中立水準も4兆9000 億円程度。翌日物の動向次第では午後に資金吸収が実施される可能性がある。

年金払い待ち

15日は年金払いもあり、資金需給は3.6兆円の余剰。財務省は財政要因の 大幅な資金余剰を調整するため、政府短期証券(FB)2カ月物と2年債の発行 による不足要因も設定している。このため、決済による資金の受け払いも激しく なり、年金の入金が確認される午後までは、運用が手控えられやすい。

もっとも、これまでと大きく違うのは、金利上昇要因になりやすい外銀の調 達が減少している点。低利の為替スワップ調達に需要が移っており、朝方から調 達を急ぐ外銀も少ない。日銀はこれまでに比べて、最終日に向けた資金供給量を 減らしている。

大手行はある程度の資金を確保した後、金利低下が見込まれる午後に調達を 進める戦略が予想される。最終的には大幅な資金が余るためだ。ただ、この日の 翌日物(15日-18日)は準備預金の新しい積み期間(8月16日-9月15日) も含まれるため、今期の積みが終了しても調達需要が根強く残る可能性はある。