ロシアがBPのパイプラインにミサイル攻撃、原油輸送停止-グルジア

グルジア政府高官は14日、同国を通過し 黒海のスプサ港に至る英BP社運営のバクー・スプサ原油輸送パイプラインが、 13日にロシア軍のミサイル攻撃を受けたことを明らかにした。

グルジアのシャラシゼ経済発展相は電話で、ロシアのイスカンダル・ミサ イル2発が13日、グルジアの首都トビリシの南東でバクー・スプサ原油パイ プラインに着弾したと指摘。同相によれば、パイプライン内の圧力が低下した したため、BPは輸送を停止した。同パイプラインの輸送能力は日量10万バ レルという。一方、ロシアは同パイプラインの爆撃を否定している。

トルコのエネルギー省によると、5日に火災が発生したアゼルバイジャン から地中海のトルコ・ジェイハンに至るBTC(バクー・トビリシ・ジェイハ ン)パイプラインは1週間以内に原油輸送を再開する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE