米大統領:ロシアはグルジア停戦合意の順守を-人道支援も開始

ブッシュ米大統領は13日、グルジア紛争 について声明を出し、ロシアに対し「グルジアでの全ての軍事行動に関する停 戦合意を順守する」よう呼び掛けるとともに、同国からのロシア軍の全面撤退 を求めた。また、グルジアへの人道支援目的で空・海軍を現地に派遣するとと もに、同国のサーカシビリ大統領との会談のためライス米国務長官をグルジア に向かわせる。

ブッシュ大統領は声明で「ロシアの現在の行動は、同国のグルジア地域へ の意図に関して深刻な疑問を抱かせるものだ」と表明。米国は「民主的に選出 された政府を支持する」とし、ロシアがサーカシビリ政権の転覆を図らないよ うに警告した。

一方、ホワイトハウスのペリーノ報道官は同日、人道支援部隊の軍用機1 機が現地に到着したと発表した。軍用機を使った理由については、「支援物資 を現地に最も迅速に輸送する能力がある」ためと説明したが、軍事評論家の間 では「人道支援以外のことでも、グルジア国民を助けることができる」(ラン ド研究所の上級政策アナリスト、オルガ・オリカー氏)とのシグナルを送るも のとの見方も出ている。

また、現地へ派遣されるライス国務長官は記者団に対し、ロシアが停戦合 意を順守できなければ、孤立感を深めることになるだろうとの認識を明らかに した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE