大韓航空の4-6月:2889億ウォンの赤字-燃料費高とウォン安が響く

韓国最大の航空会社、大韓航空が14 日発表した2008年4-6月(第2四半期)決算は赤字拡大となった。ジェ ット燃料が最高値を付けたことに加え、ウォン安が響いた。

同社発表資料によれば、純損失は2889億ウォンで、前年同期の2144 億ウォンから拡大した。売上高は前年同期比18%増の2兆4800億ウォン。 燃油特別付加運賃(サーチャージ)と運賃値上げが奏功した。営業損益は 1164億ウォンの赤字(前年同期は754億ウォンの黒字)。

4-6月期の燃料コストは前年同期比80%増の1兆1100億ウォン。営 業費用に占める燃料費の割合は43%と、前年同期の30%から上昇した。また、 ウォンがドルに対し約5%下落したことを受け、2730億ウォンの為替差損を 計上した。

この日の韓国株式市場では、ソウル時間午前9時47分(日本時間同 じ)現在の同社株は2%安の44550ウォン。年初からの騰落率はマイナス 42%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE