東京外為:円買い戻し先行、欧州景気の減速感でユーロに調整圧力

午前の東京外国為替市場では円の買い戻し が先行。ユーロ・円相場は一時1ユーロ=162円51銭(ブルームバーグ・デー タ参照、以下同じ)と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた163円43銭 から円高が進み、その後は163円台前半で推移している。この日はユーロ圏で 域内総生産(GDP)の発表を控えているが、市場ではマイナス成長が見込ま れていることから、ユーロの調整に伴う円の買い戻しに圧力がかかりやすくな っている。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのヘッド・オブ・FXストラテ ジー・ジャパンの山本雅文氏は、ボラティリティの高止まりを背景に金利差を 追求する動きは出にくく、円の買い戻しが進みやすいと説明。さらに、「織り 込みが進んでいるとはいえ、オーストラリアの利下げ観測やユーロ圏の景気減 速見通しなどを背景に、基調としては豪ドルやユーロの反発は見込みにくい」 として、クロス・円(ドル以外の通貨と円の取引)で円が強含む展開を見込ん でいる。

ユーロやオセアニア通貨の売り圧力くすぶる

この日はユーロ圏で4-6月のGDPが発表される。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめた市場予想では、前期比年率マイナス0.2%が見込まれている。

また、オーストラリア準備銀行(RBA)のバッテリーノ副総裁がこの日、 利下げを検討する状況にあるとの見解を示しており、利下げ観測を背景とした 豪ドルの売り圧力もくすぶっている。

ドル・円相場は、クロス・円での円買い戻しが波及して、一時1ドル=109 円04銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた109円53銭から円高が 進んだ。

商品上昇で資源国通貨戻す

一方、前日の米国市場では、原油先物相場が4日ぶりに反発。金先物相場 も今月に入って初めてのプラスとなり、銅先物相場は約1カ月ぶりの大幅上昇 となった。

商品市況がやや持ち直しを示したことから、世界的な景気減速に伴い商品 需要が縮小するとの観測を背景に売り圧力が強まっていた豪ドルやニュージー ランド・ドルなどの資源国通貨が買い戻された。

豪ドル・円相場は前日の東京市場で一時1豪ドル=93円15銭と、4月14 日以来の安値まで豪ドルが売られていたが、海外市場では96円20銭まで大き く値を戻していた。

一方、一時108円38銭と、6日以来の水準まで円高が進んでいたドル・円 相場は、対資源国通貨での円売りが波及して、海外時間には109円74銭まで円 が下落していた。