日銀:景気判断、連続下方修正へ、生産鈍化など反映-毎日

14日付の毎日新聞朝刊は、日銀が18、19日 に開く金融政策決定会合で、景気の現状判断を2カ月連続で下方修正する見通 しだと報じた。7月の前回会合では「さらに減速している」としたが、4-6 月期の実質国内総生産(GDP)が4四半期ぶりのマイナス成長となり、景気 後退入りが濃厚となっていることを受け、最近の景気判断を「停滞」や「調整」 などと表現する方向で調整しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE