7月の米輸入物価指数:前月比1.7%上昇、石油除くと0.9%上昇(2)

米労働省が13日発表した7月の輸入物価 指数は前月比1.7%上昇した。前月の2.9%上昇(速報値2.6%上昇)から伸び が鈍化したが、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央 値(1%上昇)は上回った。7月の石油を除く輸入物価指数は前月比0.9%の 上昇だった。

前年同月比でみると、7月の輸入物価指数は21.6%の上昇。石油を除く同 指数は前年同月比で8%上昇した。

項目別では食料・飲料品が前月比1.5%上昇、前年同月比では15.7%上昇 した。資本財は0.3%上昇(前月は0.1%低下)、産業資材は3.3%の上昇だっ た。

自動車・部品の輸入物価指数は7月に前月比で0.1%上昇、自動車を除く 消費財は同0.3%の上昇だった。

石油・同製品は前月比で4%上昇と、前月の8.9%から伸びが縮小した。 前年同月比では79.2%上昇した。

中国からの輸入物価指数は前月比0.9%上昇、中南米は同2.4%上昇、欧 州連合(EU)からの輸入品は0.7%上昇した。

7月の米国からの輸出価格は前月比で1.4%上昇(前月1%上昇)だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE