香港株(終了):下落、ハンセン指数は1カ月ぶり安値-工商銀が安い

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数は1 カ月ぶり安値を付けた。信用市場関連損失の拡大が世界経済を減速させるとの懸念 が広がり、金融株を中心に売られた。

今年3月末時点で米サブプライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン関連証 券12億2000万ドル(約1330億円)相当を保有していた中国工商銀行(ICBC、 1398 HK)は、世界の金融機関全体でのサブプライム危機による損失が5000億ドル を超えたことから売り込まれ、ここ2カ月で最大の下げとなった。クレディ・スイ ス・グループは工商銀の投資判断を「中立」に引き下げた。

香港証券取引所を運営する香港取引所(388 HK)は5週間ぶり安値。4-6月 期決算で、四半期として3年ぶり減益となったことが材料となった。

ハンセン指数は前日比347.57ポイント(1.6%)安の21293.32と、終値 としては先月16日以来の安値。年初来では23%安となっている。ハンセン中国企 業株(H株)指数は前日比2.9%安の11111.37と、3月20日以来の安値で引けた。

MEAG香港の地域投資ディレクター、ジョン・コー氏は「多くのロング運用 ファンドは、投資家のリスク状況が悪化していることから買いに消極的だ」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE