債券もみ合い、GDPへ反応限られ売買交錯-5年は一時1%割れ(終

債券相場はもみ合い。朝方は米国債市場の 流れを引き継ぎ高く始まったものの、日中を通しての取引は高値水準を意識した とみられる売りで前日の終値を下回り、また引けにかけて小高くなるといった方 向観の定まらない展開だった。4-6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、 ほぼ市場予想通りの数字となり、影響は限定的だった。現物債では中・長期債が 堅調な半面、超長期債が軟調だった。

RBS証券シニアストラテジストの市川達夫氏は、「上値の重い展開となっ た。GDPは市場予想通りで、これだけだと今の金利水準から買い上がるには力 不足。利下げを織り込まないといけない水準に来ているので、さらに景気の底が 深くなるか長引かないと上値を追っていくことは難しい。高値警戒感が出ている 中、利益確定売りが出たが、相場が押したところでは、押し目買いが入った」と 述べた。

東京先物市場の中心限月9月物は、前日比8銭高の137円79銭で寄り付き、 直後に日中高値137円86銭をつけた。その後は徐々に値を消し、午前9時58分 前後に137円59銭の日中安値まで下げた。午後は、前日終値近辺でもみ合う展 開となり、結局、前日比2銭高の137円73銭で引けた。9月物の日中売買高は 2兆3393億円。

新光証券債券ストラテジストの三浦哲也氏は、GDP統計の相場に対する影 響について、「株式市場の反応は素直だが、債券市場は高値警戒感があり上値が つっかえた。ただ材料出尽くしでも下値を試すという感じではなく、高値もみ合 いを維持。景気減速の中でGDPを消化しても売りを出す感じではない。インフ レのトーンも弱っている」と指摘した。

日経平均株価は前日比280円55銭安の1万3023円5銭と大幅続落。一時は 300円超下落し、1万3000円の大台を割り込む場面もあった。

5年債は一時1%割れ、2年債は0.7%割れ

現物債市場で新発10年物の295回債は、前日比1ベーシスポイント(bp) 高い1.465%で取引を開始した。午後に入って、徐々に水準を切り下げ、午後3 時過ぎは1bp低い1.445%で推移している。

新発5年債利回りは前日比1bp低い0.995%と1%の大台を割り込んで寄り 付いた。1%割れは4月24日以来。その後は、徐々に水準を切り上げ、午後3 時過ぎは、前日比変わらずの1.005%で推移している。また新発2年債利回りも

0.7%台を割り込み、0.69%で寄り付いた後、若干水準を切り上げ、午後3時過 ぎは、0.5bp低い0.695%で推移している。

岡三証券経済調査部シニアエコノミストの坂東明継氏は、「市場は、金融政 策に対する日銀の次の動きを意識し始めたようだ。今は景況感の悪化を材料に相 場が動いており、日経平均株価の下落には反応しなかった。景況感の悪化と足元 の需給の良さが相場を支えているが、高値警戒感もあり、上値は限定的。時期的 には、そろそろ9月の償還乗り換えが意識される」と説明した。

一方で、超長期債は軟調。新発20年債利回りは1bp高い2.065%、新発30 年債利回りは、0.5bp高い2.255%で推移している。

4-6月GDP、ほぼ市場予想通り

内閣府が発表した4-6月期の実質GDPは前期比0.6%減、前期比年率

2.4%減と1年ぶりにマイナス成長となった。ブルームバーグ・ニュース予測調 査では、前期比0.6%減、年率2.3%減が見込まれていた。個人消費が前期比

0.5%減、民間設備投資が同0.2%減、住宅投資が同3.4%減だった。外需寄与度 はゼロ%だった。

みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也氏は、「G7(主要7 カ国)のうちマイナス成長に転落したのは、カナダ、イタリアに続いて日本が3 カ国目。14日にはドイツが追随し、マイナス成長を記録した国が過半数となる 見通し。新興経済圏からもインドの景気悪化や中国の株価急落といった報道が出 てきている。今回の日本のマイナス成長転落は、世界景気後退ムードを強める材 料」との見方を示した。

BNPパリバ証券チーフエコノミストの河野龍太郎氏は、「エネルギー・原 材料価格高が修正されたとしても、実体経済が元の成長経路へすぐに復帰するわ けではない」と指摘、7-9月期はゼロ成長を予想している。

--共同取材 東京 宋泰允 Editor:Hidekiyo Sakihama Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE