韓国電力公社の4-6月期:03年以来で最大の赤字-燃料コスト響く

韓国最大の電力会社、韓国電力公社が13 日発表した2008年4-6月(第2四半期)決算は、2003年以来で最大の赤字 幅となった。燃料コストが上昇した上、政府がインフレ対策として電気料金を据 え置いたことが響いた。

発表資料によれば、7636億ウォンの赤字となった。前年同期は2660億ウ ォンの黒字。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト7人の予想中央値 は4740億ウォンの赤字だった。

営業損益は9082億ウォンの赤字となり、2四半期連続の赤字を記録した。 売上高は前年同期比4.9%増の6兆8400億ウォン。

過去最高値を付けた原油価格の影響で、石炭と天然ガスの輸入コストが押し 上げられた。一方で、韓国政府は電気料金について、昨年1月15日に2.1%引 き上げて以降は据え置いている。韓国電力の4-6月期の燃料コストは前年同期 比36.9%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE