債券相場は堅調スタート、米債高を受け買い先行-GDPほぼ予想通り

債券相場は堅調(利回りは低下)。東京先物 市場の中心限月9月物は、前日比8銭高い137円79銭で取引を開始した。前日 の米国市場では、金融機関の信用損失の懸念から安全資産への逃避として米国 債が買われた。こうした地合いを引き継ぎ、円債も買いが先行している。朝方 発表された4-6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.6%減、年率2.4% 減となり、ほぼ市場予想(0.6%減、年率2.3%減)通りとなった。