カナダ・ドル:上昇、6月の貿易黒字拡大で-2年物国債利回りは低下

12日の外国為替市場で、カナダ・ドルは 上昇。過去3年で最長の下落局面からの反発となった。カナダ政府が発表した 6月の貿易黒字の拡大を好感した。

カナダ・ドルは、主要16通貨に対して上昇。対米ドルでは9営業日ぶり に上昇した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のアシスタント・チーフエコ ノミスト、ポール・ファーレー氏は「これまで失望を招く経済統計が相次いだ ことから、貿易収支の改善で市場の期待が幾分高まるかもしれない」と指摘。 「米ドルがやや弱含んだことも、カナダ・ドルの支えになった」と述べた。

カナダ・ドルは、トロント時間午後2時22分(日本時間13日午前3時22 分)現在、前日比0.7%高の1米ドル=1.0617カナダ・ドル(1カナダ・ドル =0.9418米ドル)。前日は同1.0692カナダ・ドルだった。この日は一時、 2007年8月以来の安値となる同1.0728カナダ・ドルを付けた。

カナダ2年物国債(表面利率3.75%、2010年6月償還)の利回りは1ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.74%。価格は1セント高の

101.76カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE