NY原油先物時間外:3営業日続落-米景気低迷で需要減少の兆し

ニューヨーク原油先物相場は、12日の時 間外取引で3営業日続落となっている。世界最大の石油消費国である米国の景 気低迷が2009年まで続き、同国の燃料需要が減少する兆しが出ている。

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、7-12月(下期)の米経済成 長率は平均で年率0.7%と、1-6月(上期)の半分のペースに減速すると予 想されている。ドルは対ユーロで5カ月半ぶりの高値付近となっており、イン フレヘッジとしての商品の魅力は薄れている。世界2位の石油消費国の中国は 11日、7月の石油輸入が減少したと発表した。

豪コモンウェルス銀行の商品ストラテジスト、デービッド・ムーア氏は「市 場の焦点は需要の弱さに移ってきた」と指摘。「中国経済は昨年のようには強 く成長していない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)時間外の原油先物9月限は一時、

1.16ドル(1%)安の1バレル=113.29ドルを付けた。シンガポール時間午後 2時11分(日本時間同3時11分)現在、113.42ドル。前日のNYMEXで、 原油9月限は前週末比75セント(0.7%)安の114.45ドルで終了。終値として は5月1日以来の安値だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE