中国株(午前):CSI300指数、4日ぶり反発-鉄鋼株が高い

12日午前の中国株式市場で、CSI300指 数は4営業日ぶりに反発。中国2位の製鉄会社、鞍鋼(アンガン・スチール、 000898 CH)が今年1-6月(上期)の利益は前年同期比で25%増加したと発 表したことから、鉄鋼株を中心に上昇している。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比0.2% 高の2462.36。一時は1.8%安まで下げる場面もあった。中国最大の製鉄会社、 宝山鋼鉄(600019 CH)がけん引し、原材料関連が10業種のうちで最も大き く上げている。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「最近の株価下落 を収益やファンダメンタルズが堅調な一部の銘柄を買い戻す好機として利用し ている投資家もいる」と指摘した。