7月の英住宅価格:低下、信用収縮が買い手を締め出す-RICS

英王立公認不動産鑑定士協会(RICS) が12日発表した調査結果から、7月の英住宅価格は低下したことが明らかにな った。信用収縮が買い手を締め出し、不動産市場は「事実上停止」状態に陥っ ている。

不動産業者や鑑定人を対象にした同調査によると、7月に住宅価格が下落 したと回答した人の割合が、上昇したとの回答を83.9ポイント上回った。4月 の同割合は94.7ポイントと、1978年の統計開始以降で最大だった。

6月の住宅ローン承認件数は少なくとも1999年以来で最低となり、11日 発表のデータでは英国の銀行がイングランド銀行による昨年12月以来の利下 げの大半を還元していないことが示された。英国は住宅不況でリセッション(景 気後退)に陥る恐れがあるが、インフレ抑制を目指す政策当局者らにほとんど 打つ手はない。7月の英インフレ率は11年ぶりの高水準に達した可能性が高い。

RICSの広報担当者、イアン・ペリー氏は発表資料で、「住宅金融の資 金不足で住宅市場は事実上停止状態で、初めてのマイホーム購入者は急速に減 っている」と指摘した。