損保7社:4-6月純利益37%減、保険不振にサブプライム問題も影響

東京海上ホールディングス、三井住友海 上グループホールディングスなど主要損保7社の2008年4-6月期決算が11 日、出そろった。合計の連結純利益(ニッセイ同和は非連結)は前年同期比 37%減の708億円だった。本業の保険引き受け不振に加え、サブプライム問題 による市場混乱の長期化で資産運用益も減少した。

7社のうち三井住友海上を除く全社が減益となった。三井住友海上は

0.2%増の235億円。それ以外では、東京海上HDが同42%減の289億円、損 害保険ジャパンが同60%減の73億円。国内景気の減速を背景に主力の自動車 保険などの販売が低迷し、正味収入保険料が5社で減収となった。法定の自賠 責保険料率の引き下げも影響した。

あいおい損害保険ではサブプライムローンを一部含むABS-CDO(資 産担保証券を裏付けとする証券化商品)で追加の評価損70億円を計上。東京 海上HDでもサブプライム関連で2億円、それ以外の証券化商品で同44億円、 金融保証特約再保険の発生保険金87億円を損失として計上した。

======================================================================
              経常   前年比  経常  前年比  純利益 前年比   今期純利益
              収益   (%)  利益  (%)          (%)  予想
----------------------------------------------------------------------
東京海上HD  10487    1.0    346  -47.4    289   -41.6    1500
三井住友海上   5275   -3.8    332    4.4    235     0.2     520
損保ジャパン   4659   -4.8    110  -61.3     73   -60.1     540
日本興亜損保   2330   -1.7     93   -1.4     68    -7.1     130
あいおい損保   2711   -0.3     38  -62.6     24   -59.5     140
ニッセイ同和    782   -1.2     42  -50.5     26   -54.1      70
富士火災       1008   -0.5    -30    ---     -7     ---      75
======================================================================
              サブプライム      証券化商品等
                関連損益     評価損益  含み損益
----------------------------------------------------------------------
東京海上HD       -2         -131       -176
三井住友海上        0            0        -12
損保ジャパン        0           -0         -0
日本興亜損保        0            0        -15
あいおい損保      -70           -0        -11
ニッセイ同和        0           -0         -0
富士火災            0            0          0

注)単位:億円。ニッセイ同和は非連結、経常収益は正味収入保険料。サブプ ライム関連の損益は保険金、支払備金、評価損益などの合計。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE