中国が09年に米国抜き世界一の工業品生産国へ、予想より早く-FT紙

英紙フィナンシャル・タイムズは、中国が 2009年、従来予想より4年早く米国を抜いて世界一の工業品生産国となる見通 しだと報じた。同紙がグローバル・インサイトの予想を引用して伝えた。

それによれば、来年は世界の11兆7830億ドル(約1294兆円)相当の付加 価値製品のうち、中国製が17%を占める。一方で米国製は16%の見通し。

昨年は米国が全体の2割を占めトップ。中国は13.2%で2位だった。今年 と来年、米国での生産の落ち込みが加速すると見込まれており、中国は従来見通 しよりも早く米国を追い抜くという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE