アブダビ石油協会のガリス氏:株式トレーダーが原油市場の変動招く

アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ石油 協会のダルトン・ガリス准教授(経済学)は8日、原油相場が先月までの1年 間に1バレル当たり72ドルから147.27ドルに高騰後、116ドルまで下落したの は、商品市場に投資する株式トレーダーが増加したことが要因だった可能性が あるとの見解を示した。

ガリス准教授は同日のインタビューで、株式トレーダーらはファンダメン タルズ(需給関係)ではなく市場のトレンドに従って取引すると指摘した。

ガリス准教授は「多くの株式トレーダーらが商品市場に参入し、自身の取 引習慣を持ち込んでいる。市場関係者は買われ過ぎだと考えていたが、株式ト レーダーらは相場がピークに達するまで買い続けた」と述べ、「多額の借入金に よって投資する市場となっている。そのことが、大規模なパニックにつながっ ている。株式トレーダーらは多額の借入金によってポジションを積み上げ、市 場を混乱させている」との見方を示した。