米バークシャー・ハサウェイ:4-6月7.6%減益-保険部門の収益鈍化

資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米保 険・投資会社バークシャー・ハサウェイが8日発表した2008年4-6月(第2 四半期)決算は、前年同期比7.6%の減益だった。保険部門の収益鈍化で、3期 連続で純利益が減少した。

同社の発表資料によると、純利益は28億8000万ドル(1株当たり1859ド ル)と、前年同期の31億2000万ドル(同2018ドル)から減少。投資収益を除 くと1株当たり1465ドルで、ブルームバーグがアナリスト2人を対象にまとめ た予想平均(1352ドル)を上回った。

バフェット氏は保険料をめぐる競争激化のなかで、有力買収案件での出資に 力を入れている。米化学最大手のダウ・ケミカルは7月に、特殊化学品メーカー の米ローム・アンド・ハースの買収で合意したが、バークシャーは30億ドルを 出資する。

同社の株価は年初来18%下落している。決算発表は同日の通常取引終了後 だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE