東エレク:4-6月期純利益は51%減、通期業績予想も下方修正

半導体製造装置メーカー国内最大手の東京エ レクトロンが8日発表した第1四半期(2008年4-6月)の連結決算は、純利 益が前年同期比51%減の129億円だった。主力の半導体製造装置事業でメモリ ー向け装置の販売不振が響いた。これを受けて通期業績予想を下方修正した。

東京エレクトロン株の終値は前日比80円(1.3%)高の6350円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE