債券相場は上昇、米債大幅高を受け買い優勢-10年債利回り1.5%割れ

債券相場は上昇(利回りは低下)。前日の米 国市場では、週間の新規失業保険申請件数が高水準となったことや30年債入札 が好調となり、債券相場が大幅上昇した。これを好感して、円債市場でも買い が優勢となっている。新発10年債利回りは一時1.48%と、4営業日ぶりに節目 の1.5%を割り込み、4月下旬以来の低水準に達した。

東京先物市場の中心限月9月物は、前日比58銭高い137円69銭で寄り付 いた後、137円70銭まで上昇。中心限月ベースで、4月24日以来の高値を前日 に続いて更新した。その後は上昇幅を縮め、137円台半ばでの推移となっている。 午前9時34分時点での9月物売買高は7951億円程度。

みずほインベスターズ証券の井上明彦マーケットアナリストは、前日の米 債相場が急反発したと指摘し、「良好な需給環境を反映して、追い風には反応し やすいと思う」と述べた。ただ、「高寄りした後は、高値圏でのもみ合いが続く」 との見方も示していた。

日経平均株価は続落。前日比98円46銭安の1万3026円53銭で寄り付い た。その後は100円を超す下げ幅となっている。

新発10年債利回り一時1.48%、2年は0.7%割れ

現物債市場で新発10年物の295回債は、前日比3.5ベーシスポイント(bp) 低い1.48%で取引を開始した。4日以来の1.5%割れとなり、新発10年債とし ては4月24日以来の低水準をつけた。その後はやや利回りの低下幅を縮め、

1.49%で取引されている。

中期債相場も高い。2年物国債の271回債利回りは一時、前日比5ベーシ スポイント(bp)低い0.67%まで低下し、新発2年債利回りとして4月下旬以来 の0.7%割れとなった。その後は0.69%で推移している。

米国市場は株安・債券高

7日の米国債相場は上昇。30年債は、年初来で最大の値上がり。午後に実 施された30年債入札(発行額100億ドル)では外国の中央銀行を含む投資家か らの強い需要がみられた。米週間失業保険申請件数が6年ぶり高水準だったほ か、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を中心に 米S&P500種株価指数が3日ぶりに下落したことも、安全投資としての国債買 いにつながった。

BGキャンター・マーケット・データによると、30年債利回りは前日比15bp 低下して4.55%程度と、12月11日以来で最大の低下幅だった。10年債利回り は14bp下げて3.92%程度。これは3月19日以来で最大の低下幅だった。2年 債利回りは15bp下げて2.42%付近と、7月17日以来の低水準。

--共同取材:吉川淳子、吉田尚史 Editor:Hidenori Yamanaka,Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 宋泰允 Yasumasa Song +81-3-3201-3052 ysong9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE