NY銅先物:下落、日中の原油相場の動き受けて軟調に転じる

7日のニューヨーク銅先物相場は上昇する場面 もあったが、結局、下落して終了した。日中、上昇していた原油相場が下げに転 じ、インフレヘッジとしての商品の需要が後退した。

原油相場は一時、2.7%高を付けた後、0.6%安まで下げた。7月はエネルギ ー価格の大幅下落を受け、商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCR B指数が10%下落と、月間ベースで1980年以来最大の下げとなった。

エクイデックス・ブローカレッジ・グループ(ニュージャージー州クロスタ ー)の先物取引担当ディレクター、ロン・グッディス氏は「銅は他の商品相場と ともに、原油相場の動きをたどっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場9月 限終値は前日比0.55セント(0.2%)安の1ポンド当たり3.418ドル。一時は

1.2%高となったが、MFグローバルのアナリスト、エドワード・メイア氏はリ ポートで、原油相場が供給懸念で上昇したことが背景だと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE