グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。指標のハンセン指数は1週間で最大の上げとなった。 原油価格下落を受け、燃料高が消費や企業業績に悪影響を与えることへの懸念が後 退した。

衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)は2週間で最大の上昇。 製油大手の中国石油化工(Sinopec、386 HK)は今週に入り最も大きく上 げた。原油相場の3カ月ぶり安値を好感した。

一方、キャセイ航空(293 HK)は1カ月ぶりの大幅な下落。同社が6日発表 した決算は5年ぶりに赤字となり、ゴールドマン・サックスとUBSは同社の目標 株価を引き下げた。

ミラエ・アセット・グローバル・インベストメンツ(香港)のポートフォリ オマネジャー、ゲーリー・チャン氏は、原油相場下落で「直接的な恩恵を受けるの は製油業者だろう」とし、「航空業界はますます競争が激しくなっている。航空株 にはもっと有利な買い場が来るだろう」との見方を示した。

ハンセン指数は前営業日比154.45ポイント(0.7%)高の22104.20と、 7月30日以来の大きな上げだった。一方、ハンセン中国企業株(H株)指数は

3.79ポイント安の11943.85。6日の香港市場は暴風雨のため休場だった。

エスプリは3.8%高の83香港ドル。Sinopecは1.1%高の8.16香港 ドル。キャセイは3.9%安の14.16香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式市場では、CSI300指数が下落。原油相場の下落で製油株が上げ たものの、取引高減少の影響で証券株が大きく下げた。

国内証券2位の中信証券(Citic証券、600030 CH)が安い。アジア最 大の製油会社、中国石油化工(Sinopec、600028 CH)は、輸入原油の値 下がりで、製油部門の損失が軽減されるとの見方から買われた。中国は、貧困層の 保護を目的に、ガソリンとディーゼル油の価格を制限している。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は、「証券会社が取引 高減少の影響をまともに受けることになるだろう」との見方を示した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比1.25ポイント(0.1%)安の2720.44で終了した。

【インド株式市況】

インド株式市場では、センセックス30種指数が3日続伸。原油一段安の観測 から乗用車やバスの販売が伸びるとの期待が高まり、マルチ・スズキ・インディア やタタ・モーターズなど自動車株が買われた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比43.71ポイント (0.3%)高の15117.25で終了した。

インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ(MSIL IN)は3.1%高の

671.70ルピー、バス製造で同国最大手のタタ・モーターズ(TTMT IN)は4%高 の446.40ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比14.2ポイント(0.3%)高の4983.3。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比14.71ポイント(0.9%)安の1564.00。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比1.66ポイント安の7024.58。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比52.07ポイント(1.8%)安の2834.71。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前日比4.03ポイント(0.4%)安の1129.56。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比29.00ポイント(4.3%)高の705.35。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比11.81ポイント(0.5%)高の2199.01。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比12.57ポイント(0.5%)安の2684.64。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE