インド卸売物価指数:7月26日終了週は12%上昇-13年ぶり高水準

インド商工省の7日発表によると、7月26 日に終了した週の卸売物価指数(WPI)は前年同期比12.01%上昇した。イ ンフレ率は前週の11.98%から加速し、1995年以来の高水準となった。物価上 昇抑制と景気下支えに向けたインド準備銀行の取り組みはより困難となった。

同週のWPIは、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト21人 の予想中央値と一致した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE