東京外為(予想):ドル・円は約7カ月ぶりの円安水準、景気後退懸念で

きょうの東京外国為替市場では、ドル・円 が約7カ月ぶりのドル高・円安水準で値固めの展開になりそうだ。米連邦公開 市場委員会(FOMC)通過後も原油安などを背景にドルの堅調地合いが続く なか、海外市場では日本の景気後退入り懸念から円安が進行。1ドル=110円の 節目を前に、目先は値ごろ感からドル売り・円買いが先行する場面も予想され るが、ドルの押し目買い意欲は強そうだ。

早朝の取引ではドル・円が1ドル=109円台後半で推移。海外時間には109 円88銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)と1月10日以来の水準ま でドル高・円安が進んだが、その水準からはややドルが値を切り下げている。

また、ユーロ・円は海外時間に一時、1ユーロ=169円32銭と約1週間ぶ りの水準までユーロ高・円安が進行。その後は168円台後半から169円ちょう ど前後でもみ合う展開となっている。

日本の景気後退入り懸念が台頭

内閣府が6日発表した6月の景気動向指数の一致指数CI(コンポジッ ト・インデックス、速報値)は前月比1.6ポイント低下の101.7%した。内閣府 は一致指数に基づく景気の基調判断について、景気後退の可能性が高いことを 暫定的に示す「悪化」に下方修正。日本経済は2002年2月から続いてきた戦後 最長の景気拡張局面が終わり、景気後退局面に入った公算が高まった。

日本の景気後退入り懸念が強まるなか、この日は午前8時50分に6月の機 械受注が発表される。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査 によれば、国内民間設備投資の先行指標である船舶・電力を除く民需(コア機 械受注)は、前月比9.9%減と3カ月ぶりの減少が見込まれている。振れの大き い指標だけに、予想以上の減少幅となった場合には円売りの格好の材料とされ る可能性もある。

ECB控えユーロ売り一服か

一方、海外時間に欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控え、ユーロの 動向にも注目が集まる。早朝の取引ではユーロ・ドルが1ユーロ=1.5400ドル 前半と6月中旬以来のユーロ安・ドル高水準で推移。海外時間には1.5400ドル を割り込む場面も見られたが、イベントを前に目先はユーロの売り持ち高を手 じまう動きが先行する可能性もありそうだ。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、60人の回答 者全員がECBはこの日の定例理事会で政策金利を4.25%に据え置くと予想し ている。

ECBは先月の定例理事会で16年ぶり高水準のインフレに対応するため、 約1年ぶりに利上げを実施。その後の会見でトリシェ総裁は、今後の金融政策 について「バイアスはない」と表明していた。ただ、前回の理事会以降、域内 景気の悪化を示す経済指標が目立っており、きょうの会見でトリシェ総裁が景 気についてどのような認識を示すかが注目される。