ロシアの「サハリン1」が6月に黒字転換-インタファクス通信

米石油大手エクソンモービルが手掛けるロシ アの石油・天然ガス開発事業「サハリン1」は諸費用の返済が終わり、6月に 黒字化した。ロシアのインタファクス通信が6日、事情に詳しい匿名の関係者 1人の話として伝えた。

エクソンはサハリン1を、ロシア国営の石油会社ロスネフチと日本やイン ドの投資家とともに運営している。同通信によると、開発コストは71億ドル。

生産の分け前を受ける権利があるロシア政府は、サハリン1の収益性によ ってその割合を変更する可能性があるという。現時点では、収益の15%を受け 取ることになっている。

今年に入ってから6月までにサハリン1はロシアの財政に9億2000万ドル の歳入をもたらしていると、同通信は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE