中国外務省、冷凍ギョーザによる中毒の国内被害を認める-読売

7日付の読売新聞朝刊は、中国製冷凍ギョ ーザ中毒事件に絡み、中国外務省は6日、報道官談話を発表、製造元の「天洋食 品」(河北省)が事件後に回収したギョーザが中国国内で流通し、6月中旬、有 機リン系殺虫剤メタミドホスによる被害が出ていたことを初めて公式に認めた、 と伝えた。

同紙によると、「中国国内で同社製品にメタミドホスが混入した可能性は極 めて低い」とする従来の主張を転換する内容で、これを受け警察庁は北京五輪閉 幕後にも、中国で中毒を引き起こしたギョーザの鑑定結果など捜査状況の説明を 求め、日本の事件との関連性を確認する方針という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE