トルコでパイプライン爆発-中央アジアからトルコへの原油輸送停止

中央アジアのアゼルバイジャンとトルコを結ぶ 原油パイプラインのトルコ区間で5日夜、爆発が起き、原油輸送は停止された。 同パイプラインには英BPなどが出資している。

トルコのエネルギー省の報道官が6日語ったところによれば、爆発による火 災は少なくとも向こう24時間は収まらず、輸送再開は来週半ばになる可能性が ある。

地元当局者によると、パイプラインの不具合が爆発の原因だった可能性もあ り、現在調査中。

BPの広報担当ロバート・ワイン氏は電話インタビューに応じ、トルコの地 中海沿岸の「ジェイハン港での原油積み出しのスケジュールに影響はない」と語 った。原油は同港から欧米へとタンカーで輸出されている。