欧州株:続伸、予想上回る利益でBNPパリバに買い-ダイムラー上昇

欧州株式相場は続伸。BNPパリバの4- 6月(第2四半期)決算で、投資銀行部門の利益が予想を上回ったことが手掛 かりとなった。スイスの鉱山大手、エクストラータが同業の英ロンミンに敵対 買収を仕掛け、米金融当局が今後の金利据え置きを示唆したことも買い材料。

BNPパリバは2週間で最大の上げとなった。証券部門の税引き前利益発 表を受けて、増資を余儀なくされるとの懸念が緩和した。ロンミンは急伸。エ クストラータはロンミンに対して98億ドル(約1兆700億円)の買収案を提 示した。原油相場が3カ月ぶり安値まで下落したことを背景に、独自動車メー カーのダイムラーと英蘭系航空大手のエールフランス・KLMグループは上昇 した。

リシュリュー・フィナンス(パリ)のファンドマネジャー、サラ・セディ ック氏は、「決算は失望からは程遠い」と指摘し、「米金融当局の現状維持の 姿勢に加え、バレル当たり120ドルを割り込んだ原油相場と銀行業績により、 連鎖的な危機に陥るリスクが一段と後退した」と語った。

ダウ欧州株価指数は前日比0.9%高の287.66で終了。年初来では21% 安となっている。

6日の西欧市場では、18市場のうち16市場で主要株価指数が上昇した。 ダウ欧州50種株価指数は前日比0.7%高、ダウ・ユーロ50種株価指数は

0.9%上げた。

BNPパリバは5.2%上げた。証券部門の税引き前利益は5億2300万ユ ーロと、前年同期の12億2000万ユーロから減少。しかし、ブルームバーグ がまとめたアナリスト予想(2億8500万ユーロ)を上回った。同部門の評価 損は4億5700万ユーロと、アナリスト予想の4億7500万ユーロを下回った。

ロンミンは48%急伸。エクストラータはロンミン買収を通じて南アフリカ で保有鉱山を増やすとともに、産出金属の多様化を目指す。同社はロンミン株 1株に対し現金3300ペンスを支払うことを提案している。

ダイムラーは3.2%上昇。エールフランスは2.8%上げた。原油先物相場 は、先月11日にバレル当たり147.27ドルの過去最高値を付けて以来、20% 強下げた。20%の下落は弱気相場入りとみなされている。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比31.60ポイント(0.6%)高の5486.10。F Tオールシェア指数は同16.58ポイント(0.6%)上げて2792.94。

ドイツのDAX指数は42.69ポイント(0.7%)上げ6561.39。HDA X指数は27.55ポイント(0.8%)高の3331.09。

フランスのCAC40指数は61.98ポイント(1.4%)上昇し4448.33 で終了した。