人民元:6日ぶり上昇-中国がインフレ抑制に向け元上昇継続との観測

中国の外国為替取引で、人民元はドルに対し 6営業日ぶりに上昇。中国当局がインフレ抑制に向けて、年初来で6.7%に達 している人民元の上昇を継続させるとの見方が優勢になった。

ブルームバーグのデータによれば、人民元相場は過去3カ月で2%上昇 し、円を除くアジアの主要10通貨の中で最も高い上昇率となっている。胡錦 濤国家主席は1日、景気拡大持続とインフレ抑制が政府の主要目標だとあらた めて表明した。

広東発展銀行の為替トレーダー、ディン・チュンフア氏は、「当局はイン フレが輸入されることに歯止めをかけるため、北京五輪後に元相場の上昇を再 開させるだろう」とした上で、「市場は中国人民銀行が、五輪開催中は人民元 をほぼ横ばいの水準に維持するとみている」と語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海時間午後 5時30分(日本時間同6時30分)現在、前日比0.11%高の1ドル=6.8482 元。5日は6.8556元だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE