独コメルツ銀4-6月:6.4%増益-市場予想上回る、金利収入増加

資産規模でドイツの銀行2位、コメルツ銀行 が6日発表した2008年4-6月(第2四半期)決算は、前年同期比6.4%の増益 となった。金利収入や税制上の一時利益が寄与した。

コメルツ銀行の発表資料によれば、純利益は8億1700万ユーロと、前年同 期の7億6800万ユーロから増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリ スト13人の調査中央値(2億9200万ユーロ)を上回った。純利益には3億 8600万ユーロの税制上の一時利益が含まれる。

ランズバンキ・ケプラーのアナリスト、ディルク・ベッケル氏は決算発表前 に、「コメルツ銀行の第2四半期の利益は、経済の悪影響と大きな混乱にもかか わらず良く持ちこたえたようだ」と指摘した。