東レ:4-6月期純利益は原燃料高で57%減-通期予想を下方修正(2)

東レが6日発表した第1四半期(2008年4 -6月期)の連結純利益は前年同期比57%減の44億円だった。原燃料価格の 高騰によるコスト上昇が響いた。

同四半期の売上高は同0.4%増の3874億円、営業利益は同32%減の132 億円となった。フラットパネル・ディスプレー用フィルムや半導体コーティン グ材料などが堅調だったが、回路材料や液晶関連製造装置の出荷が低調だった ため、情報通信材料・機器事業の営業利益が前年同期に比べ4割強減少。その ほか、繊維事業や樹脂、フィルムなどのプラスチック・ケミカル事業なども原 燃料高を価格転嫁でカバーし切れなかったため、営業減益を余儀なくされた。

同社は今期(2009年3月期)連結利益予想を下方修正した。純利益は前期 比38%減の300億円、営業利益は同28%減の750億円をそれぞれ見込む。た だ、売上高は、同3.1%増の1兆7000億円と従来予想を据え置いた。

東レの株価は前日比1円(0.2%)高の525円(午後1時27分現在)。