旭化成:4-6月期純利益は26%減、原燃料高騰で-通期据え置き(2)

旭化成が6日発表した第1四半期(2008年4 -6月期)の連結純利益は前年同期比26%減の135億円だった。原燃料価格の 高騰などが響いた。売上高は同0.2%増の3860億円、営業利益は同25%減の 194億円。

同社は今期(2009年3月期)連結業績予想を据え置いた。純利益は前期比

7.2%増の750億円、営業利益は同0.3%増の1280億円、売上高は同6.7%増の 1兆8100億円をそれぞれ見込む。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE