スズキが工場建設で契約延長、作業に遅れ-サンクトペテルブルク市

ロシアのサンクトペテルブルク市政府は、ス ズキが140億円規模の組み立て工場建設に関し進めている調査作業で、同社との 契約を11カ月延長した。現場の泥炭除去のため、建設作業入りが遅れている。

サンクトペテルブルク市の投資・戦略プロジェクト委員会の広報担当、ベ ラ・ヘイフェツ氏は5日、電話インタビューで、昨年6月に結んだ最初の契約に ついて、スズキが建設の準備ができる前に期限が切れたと説明した。同委はスズ キの計画を監督している。

ヘイフェツ氏によれば、スズキは現場(50ヘクタール)整地のため、追加 で12億ルーブル(約55億円)を投じる予定。

スズキの広報担当(サンクトペテルブルク在勤)は5日、ブルームバーグ・ ニュースの取材に対しコメントを控えた。担当者は社の規定を理由に匿名で語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE