アジア株:4日ぶり反発、原油下落に反応-トヨタやソニーが高い

6日午前のアジア株式相場は4営業日ぶりに 反発。自動車株や電機株が高い。原油価格の下落でインフレが緩和され、個人消 費も活発になるとの見方が広がった。

トヨタ自動車と韓国のサムスン電子が上昇。韓国の大韓航空は、原油安で燃 料コストが低下するとの見方から買われている。ソニーはここ2週間で最大の上 げ。音楽事業合弁会社ソニーBMG・ミュージックエンタテインメントについて、 ドイツ最大のメディア会社ベルテルスマンの持ち分50%を買い取ると発表した ことが好感された。オーストラリアのコモンウェルス銀行など金融株も高い。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時1分現在、前日比1.2%高 の128.67。値上がりと値下がりの銘柄の割合は約6対1。10業種中8業種が上 昇している。日経平均株価は前日比1.6%高の1万3125円15銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE