7月米ISM非製造業総合景況指数:49.5と、前月に続く50割れ(2)

米供給管理協会(ISM)が5日発表した7 月の非製造業総合景況指数は49.5と、前月の48.2から上昇し、ブルームバーグ がまとめた予想(48.8)も上回ったが、前月に続く50割れだった。同指数は 50がサービス業活動の拡大と縮小の境目を示す。

項目別でみると、新規受注は47.9(前月は48.6)に低下。一方、受注残は52 と、前月(49)から上昇。入荷水準も53.5と、前月の50.5から上昇。在庫は

54.5(前月53)。

雇用指数は47.1と、前月の1997年7月の記録開始以来で最低の43.8からは 上昇した。

H&Rブロック・ファイナンシャル・アドバイザーズのシニアエコノミスト、 ラッセル・プライス氏は「統計内容は、中期的にみて減速している景気動向と 一致する」と語った。