ソフトバンク:4-6月営業利益は8.1%増、販売経費減少が押し上げ

国内通信3位のソフトバンクが5日発表し た第1四半期(2008年4-6月)連結決算によると、営業利益は携帯電話の分 割払い浸透に伴う経費減少などで過去最高になった。事前の市場予想はわずか に下回った。

営業利益は前年同期比8.1%増の851億円。ブルームバーグ・ニュースが まとめたアナリスト4人の事前予想中央値は861億円だった。売上高は、端末 販売の減少などで2.4%減の6473億円。純利益は、前年同期に有価証券売却益 や税金要因で大幅増益となった反動から同23%減の194億円だった。

主要指標であるARPU(契約1件当たりの月間収入)は4180円と、前 年同期(5000円)から低下した。国内最大手NTTドコモの5890円や同2位 KDDIの5900円よりも一段低い水準が続いている。解約率は0.98%と前年 同期(1.46%)から低下した。通期(09年3月期)の業績予想は公表していな いが、期末配当を前期と同じ2円50銭とする。

三菱UFJ証券の森行眞司アナリストは、割賦制度導入から2年目に入り、 反動減で利益が落ち込むとの見方もあった中で増益を確保したのは評価できる、 とみている。

アイフォーン、月額料金2990円から

ソフトバンクは同時に、7月11日に発売した米アップルの携帯電話端末 「iPhone(アイフォーン)」について、最低7280円必要だった月額料 金を最低2990円で利用可能とする料金体系を8月利用分から導入すると発表 した。またこれまで受け付けていなかった予約も8月6日から始める。

ソフトバンクの株価終値は前日比47円(2.4%)安の1936円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE