自民・麻生氏「景気は後退」-財政収支黒字化、2-3年先送りも(4)

自民党の麻生太郎幹事長は5日午後、党本 部で報道各社のインタビューに応じ、日本経済の現状について「景気は後退に 入っている」と述べ、後退局面に突入したとの認識を明らかにした。その上で、 政府の経済財政運営に関して「財政再建のための増税はなかなかやりにくい」 と指摘、「景気対策が優先されてしかるべきだ」として、財政再建のための増 税論議は当面封印すべきだとの立場を示した。

麻生氏は、2011年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化 するとの政府目標について、「今の経済状況では前より難しくなっている」と し、黒字化の時期を11年度から2、3年先送りすることも「選択肢としてあ り得る」と語った。

景気対策優先-国債「30兆円枠」固執せず

また、小泉純一郎内閣以来堅持してきた新規国債発行額の「30兆円枠」に ついて「全然こだわらない」と語り、2日に正式発足した福田康夫改造内閣は 09年度予算で「30兆円枠」に固執すべきではないとの見解を示した。参院で野 党が過半数を占める「ねじれ国会」や内閣支持率の低迷が続く状況下、09年9 月までに行われる衆院解散・総選挙をにらみ、景気対策を優先する強い決意を 示した格好だ。

みずほ証券の飯塚尚己シニアエコノミストは「経済指標の動きからみて、 日本経済が昨年末から景気後退局面に入っていることは明らかで、麻生氏の発 言に違和感はない」と指摘。その上で「景気対策のため短期的に財政再建の枷 (かせ)を外すのは仕方ないが、同時に中期的な財政再建目標を掲げるのが望 ましい」と述べた。

一方、第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミストは「麻生氏は有権 者に、すぐに消費税が引き上げられると思われたくないのだろう」と分析。麻 生氏の発言は「選挙対策であり、わたしが思うに、政府はすぐにプライマリー バランスの黒字化をあきらめるべきではない」と語った。

麻生氏の発言は次の通り。

政府の経済財政運営:

「財政再建をやりながら何とかするとなると、かなり手足が縛られて、動 きが利かなくなる。少なくとも景気対策が優先されてしかるべきだ。『上げ潮 派』や『増税派』の両方が不満だと思うだろうが、財政再建主義だと経済が活 力を失うから、必ずパイを大きくするなかで財政再建をしていく」

「財政再建をしないで景気を刺激する手口は幾つもある。例えば、かつて 中小企業への特別融資を確か20兆円にして、あっという間に終わって、30兆 円に増やした。これは効果がある」

「やり方は幾つかある。企業が設備投資するなら減税を考えるとか、住宅 のリフォームなどにいろいろな需要喚起が出る。国民の金融資産は07年12月 31日で1545兆円だったと思うが、そのお金がじっとしているのが問題だ。こ れが貯蓄など投資にいくように考えていかなければならない。景気対策は挙げ ていくといくらでもある。それはすべからく、膨大な予算によるばらまきとは 違う」

日本経済の現状、今後発表される経済指標:

「政府が前に出していた経済成長率(国内総生産=GDP)があれば、た ぶん修正すると思う。かなり下がって出ると思う。経済成長率が名目2%近い 数字が出ていたが、それはない。間違いなく1%を切るぐらいの数字になって くると思う」

11年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するとの政府目 標:

「今の経済状況では、前より難しくなっていると思う。皆がそう思ってい ると思う。経済を分かる人はそう思っている。プライマリーバランスの黒字化 を優先するために、景気がさらに悪くなるという選択は取るべきではない。む しろ景気対策が優先されてしかるべきだ」

「名目GDPが(年率換算で)2%、3%続くと、2、3年で世の中が上 向いてきたなと分かる。その上で、あらためてという順番だと思う。ただ、プ ライマリーバランスの黒字化という目標を掲げて、財政再建路線は引き続き堅 持するのは当然だが、11年度までにというのは、その一つの手段にすぎない」

プライマリーバランスの黒字化目標を11年度から2、3年先送りする可能 性:

「選択肢としてあり得る。検討しなければならない。どうしてもこだわっ たら、動きができない。それよりも景気回復して、消費が増えた上で税収を上 げる方がいい。法人税は、ことし間違いなく落ちる」

福田改造内閣で予算編成に当たって新規国債発行の「30兆円枠」にこだわる必 要ないという認識か:

「全然こだわらない」

--共同取材:藤岡徹 Editor: Hitoshi Sugimoto, Hitoshi Ozawa, Keiichi Yamamura

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山村敬一 Keiichi Yamamura +81-3-3201-8656 kyamamura@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net