イトーキが3年半ぶり安値、企業の投資意欲減退で業績減額-回収費も

オフィス家具大手のイトーキの株価が大幅 続落。一時61円(13%)安の420円まで下げ、2005年1月27日(418円)以 来、約3年半ぶりの安値水準に沈んだ。午前終値は12%安の425円。企業の投 資意欲減退を背景に主力のオフィス関連家具が不振なほか、耐火基準を満たし ていなかった製品の回収費用もかさむとして、2008年6月中間期と12月通期 の業績予想を4日に下方修正しており、収益の先行きを不安視した売り圧力が 強まった。

6月中間期の連結業績は、売上高が前年同期比8.7%減の579億円(従来 予想は660億円)、純利益は同46%減の15億円(同30億円)と、期初計画か ら一転して減収減益となったもよう。同社の種田義之広報・IR室長によると、 例年は多くの企業の決算期末に当たる3月に駆け込み的な需要が発生するが、 「今年は景気減速の影響などから、オフィス関連製品への投資を見送る企業が 多く、3月の需要期に収益を上積みできなかった影響が大きい」という。

イトーキは、国土交通省から5月22日に、建材耐火性能の偽装問題で、 一部製品が防・耐火基準を満たしていないとして改修を指示された。基準未達 となった製品の回収費用は総額10億7000万円を見込む。このうち4億円は前 期決算で特別損失に計上済みだが、今期中間決算では第1四半期で計上済みの 1億6200万円を含めて6億7000万円を製品自主回収関連損失引当金として特 損計上する予定としている。

-- Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京  河野 敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646

dboey@bloomberg.net