米メリルは近く黒字に回復する、セインCEOが見通し-CNBC(2)

米金融経済専門局CNBCは4日、米証券大 手メリルリンチのジョン・セイン最高経営責任者(CEO)が同局とのインタビ ューで、メリルは近いうちに黒字に回復するとの見通しを示したと報じた。

セインCEOが公の場で発言するのは、先週の98億ドル(約1兆600億 円)規模の増資以来初めて。ただ黒字に転換する具体的な時期については言及を 控えた。

セインCEOは、メリルに多額の損失をもたらした債務担保証券(CD O)306億ドル相当の売却に伴う評価損を補うため増資を実施せざるを得なかっ たと説明。「われわれには、多くの買い手がいたので取引の交渉をした。1月 まで売却を延ばすのは、一段の資産価値下落によりそれまでに評価損がさらに 膨らむリスクを冒すことになる」と語った。

またローンスター・ファンズへのCDO売却価格について同CEOは、C DO市場の「流動性はこれまでまったくなかった。この価格が大口販売ならで はの値段であることは確かだ」と述べた。

メリルの追加増資については、「きょう現在では」必要ないと指摘。ただ サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)関連を含む資産価値が 一段と下落した場合は変わり得ると述べ、「われわれは依然、リスク資産を保 有している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE