6月米製造業受注:1.7%増、今年最大-石油や化学の価格高騰が影響

米商務省が4日発表した6月の製造業受注 額は前月比1.7%増と、今年最大の伸びを示した。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト予想中央値は0.7%増だった。価格高騰を背景に石油 や化学関連の受注が全体を押し上げた。5月は0.9%増と、速報値の0.6%増 から上方修正された。

輸送機器を除く6月の受注額は前月比2.3%増と、4月以来の高い伸びだ った。耐久財受注は0.8%増加。食品や石油製品、化学品といった非耐久財受 注は2.5%増、前月は1.7%増だった。製油所の受注は5.6%増加し、農業化 学は11%増となった。

6月の製造業在庫は1%増。在庫比率は1.22カ月と前月の1.23カ月か ら低下した。

設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財受注は1.2%増。国 内総生産(GDP)の算出に使用される同項目の出荷は0.7%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE