あおぞら銀:今週中に08年4-6月期の業績修正も--GMAC赤字で

あおぞら銀行は、7月31日に発表した2008 年4-6月期連結決算を見直す可能性がある。同行が出資する米ゼネラル・モー ターズ系の金融子会社「GMAC」が、08年4-6期決算で25億ドル(約2700 億円)の最終赤字を計上したことを受けた措置。今週中に結論を出したいとして いる。

同行広報の神保努氏は4日、ブルームバーグ・ニュースの取材に対し、業績 見直しの可能性について「今週中に何かしらの回答ができるようにしたい」と述 べた。同行は、海外子会社を通じてGMACに5億ドル(約540億円)を出資し ている。GMACの業績悪化に伴い、すでに昨年度の決算で148億円の引当金を 積んでいたが、8月1日付の発表資料によると、今回の最終赤字の分については、 同行の第1四半期決算には織り込まれていない。

業績が下方修正された場合の影響について、リーマン・ブラザーズ証券の瀬 之口潤輔アナリストは「GMACの不振はすでに織り込み済みで、株価への影響 は軽微」としたうえで、「むしろ思い切って大きな引き当てを積んだ方が、材料 出尽くし感となって市場に評価されるのでは」と分析している。

あおぞら銀の株価は年初と比べ約24%下落、1年前と比べると40%近く値 を下げている。4日の株価も2営業日連続の下落となり、終値は前週末比10円 (3.9%)安の249円だった。