アジア株:続落、自動車や原材料株が安い-日産自決算や金属安に反応

4日午前のアジア株式相場は続落。自動車株 や原材料株が安い。1日に発表された日産自動車の2008年4-6月(第1四半 期)連結決算が前年同期比43%減益となったことや、金属価格の下落に反応し た。

日産自はここ4カ月で最大の下げ。トヨタ自動車も約3年ぶり安値となって いる。世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンは、先週末の金属 相場下落を受けて売られている。韓国市場では、大宇造船海洋を中心に造船株が 安い。注文主の資金繰りがつかなくなり、受注がキャンセルとなったことが嫌気 された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時54分現在、前週末比1.2% 安の129.07。日経平均株価の午前終値は、前週末比133円53銭(1%)安の1 万2961円06銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE