東京外為:ドルもみ合い、各国の金融政策会合スタンス見極めへ-107円台

週明けの東京外国為替市場では、ドル・円 相場が1ドル=107円台半ばから後半でもみ合った。米雇用市場の悪化が続くな か、ドルは積極的に買えないものの、米国以外の地域でも景気の先行き懸念が 強まっていることから、欧州通貨やオセアニア通貨に対して相対的にドルと円 が買われやすく、ドル・円は方向感の出にくい状態が続いた。

また、あす5日に米国とオーストラリア、7日に欧州の金融政策決定会合 を控え、各国の金融政策スタンスを見極めたいとの意向が強く、全般的に積極 的な取引は手控えられがちだった。

みずほコーポレート銀行国際為替部の加藤倫義参事役は、失業率の悪化を 受け、5日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げはないとみられる が、「今年中に利上げがあるかもしれないと思っている市場参加者は多いので、 当局がその辺に対してどのようなコメントを出すかに注目している」と語る。 また、先週来、米国発の信用不安が各国に伝播し、豪ドル・円などで円買いが 強まっているため、「RBA(オーストラリア準備銀行)がどのような見解を 出すのか」にも注目が集まるという。

週明けの取引ではドル売り・円買いが先行し、ドル・円は前週末のニュー ヨーク時間午後5時に付けた1ドル=107円71銭(ブルームバーグ・データ参 照、以下同じ)から107円台半ばまでドルが軟化。その後は売り買いが交錯し、 107円46銭を午前の安値にドルは一進一退の展開が続いた。

午後にはユーロ・円などクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)で円が弱 含みに転じたこともあり、一時、107円86銭までドルが値を戻す場面も見られ た。

また、ユーロ・ドルは1ユーロ=1.5594ドルまでドルがじり安となったが、

1.5600ドルには届かず、その後はもみ合いに転じた。

一方、ユーロ・円は朝方に1ユーロ=167円32銭まで円買いが先行したも のの、その後は円が伸び悩み、午後には168円13銭まで値を戻した。

FOMC声明でスタンス見極め

シカゴ商品取引所(CBOT)のフェデラルファンド(FF)金利先物相 場によると、5日のFOMC会合で政策金利が現行の2%で据え置かれる確率 は93%。残りは2.25%への利上げを予想している。

米労働省が1日に発表した7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が7 カ月連続で減少したものの、減少幅(前月比5万1000人)はブルームバーグ・ ニュースのエコノミスト予想中央値を下回った。一方、家計調査による7月の 失業率は5.7%(前月5.5%)と2004年3月以来の高水準へ悪化した。

シティバンク銀行個人金融部門の城田修司シニアマーケットアナリストは、 雇用減少が続くなか、「さすがに利上げはないだろうが、先行きを見据えた上 で、インフレに対して看過することはできないということが声明で示される」 と予想。「どちらかといえば、FOMCはドル・円に対してはポジティブに働 く」とみている。

もっとも、「米国では中小の銀行が破たんしたりしていて、果たして米国 当局が利上げに向えるかは微妙」(みずほコーポレート銀・加藤氏)との声も あり、市場が先々の利上げをどこまで織り込めるかは不透明だ。

RBAは利下げ示唆か

また、オーストラリア準備銀行(RBA)の政策決定会合では政策金利で ある翌日物オフィシャル・キャッシュレートが7.25%と、12年ぶりの高水準で 据え置かれるとみられている。

もっとも、国内指標の悪化を受け、市場では早期利下げ観測が浮上してい る。シティバンク銀の城田氏は、景気指標の悪化や金融不安の波及、商品相場 の調整と「豪ドルを取り巻く環境にはかなりマイナス要因が目に付く」と指摘。 RBAの理事会では利下げ方向をにおわす声明が出てくる可能性がある上、週 後半に発表される雇用統計は悪化が見込まれており、「豪ドルにとっては試練 の1週間となりそう」という。

こうしたなか、週明けの取引ではオーストラリア・ドルが対ドルで一時、 5月2日以来、約3カ月ぶり安値を更新したほか、対円では1豪ドル=100円を 割り込み、2カ月ぶり安値を記録。ただ、その後は同国の第2四半期住宅価格 指数が予想を上回ったことやテクニカル的な「売られ過ぎ感」もあり、豪ドル は下げ渋りに転じた。

そのほか、ポンドは対ドルで一時、1ポンド=1.9702ドルと7月9日以来 の安値まで下落。前週末発表された7月の英製造業景況感指数が1998年12月 以来の低水準となったことに加え、週末に英銀大手の損失計上の可能性が報じ られたことが重しとなった。

--共同取材 曽宮一恵 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net