米銀ファースト・プライオリティーが破たん-サントラストが資産購入

米フロリダ州のメキシコ湾沿岸部に6支店を 有する米銀ファースト・プライオリティー・バンクが1日、同州当局と米連邦 預金保険公社(FDIC)によって閉鎖された。住宅ローンの貸倒損失や住宅 価格下落に伴う評価損に絡んで経営破たんした米銀はこれで8行目となる。

FDICの発表によると、ファースト・プライオリティーの資産は2億5900 万ドル(約280億円)。同行の預金2億2700万ドルはアトランタに本社を置く サントラスト・バンクスが買い取るという。ファースト・プライオリティーの 6支店は、8月4日からサントラストの支店として営業を開始する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE