米国株(1日):下落、GMの赤字決算や原油上昇が売り材料に(2)

米株式相場は下落。米自動車ゼネラル・モー ターズ(GM)の発表した赤字決算が投資家の失望を誘ったほか、原油相場の 上昇も嫌気された。

GMは4-6月(第2四半期)に155億ドルの赤字を計上、大幅安となった。 国内販売の不振が響いた。百貨店のメーシーズやシアーズ・ホールディングス を中心に小売株が下落。米労働省が発表した7月の雇用統計によると、7月の 失業率は5.7%に上昇した。この日は原油相場が上昇した。

金融株は午後反発した。リーマン・ブラザーズ・ホールディングスは、住宅 ローン債権を資産運用会社のブラックロックに売却することで交渉していると 伝えられたことが手掛かり。

S&P500種株価指数は前日比7.07ポイント(0.6%)下げて1260.31。ダウ 工業株30種平均終値は51.70ドル(0.5%)安の11326.32ドル。ナスダック総 合株価指数は14.59ポイント(0.6%)下落して2310.96で終了した。ニューヨ ーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は5対6。

ノット・キャピタル・マネジメントのチャールズ・ノット最高投資責任者 (CIO)は、「景気がゆっくりとした速度で下降しつつある。景気のさらな る下振れに備えるとともに、引き続き非常に警戒している。長期的なリセッシ ョン(景気後退)に陥るようなら、GMやフォード・モーターには多くの問題 が降りかかる」と語った。

S&P500種業種別10指数のうち、金融株を除く9指数で下落した。S&P 500種は7月15日に記録した年初来安値から3.7%値を戻した。

ブルームバーグのまとめたデータによると、S&P500種の採用銘柄でこれ まで4-6月期決算を発表した352社は、平均で20%の減益。半数以上の企業 は予想を上回ったが、アナリスト予想には平均で5.2%及ばなかった。

GM決算

GMの4-6月決算は、1株当たり損失27.33ドル。これで4四半期連続の 赤字決算を記録した。前年同期は8億9100万ドル(同1.56ドル)の黒字だっ た。売上高は前年同期比18%減の382億ドル。この日のGM株は7.6%値下が りした。

メーシーズとシアーズはそれぞれ3.4%と2.7%下落した。

7月の雇用統計で雇用者がアナリスト予想ほど減少しなかったことが好感さ れ、この日の米国株は上昇して取引を開始した。

米労働省が発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所 調査、季節調整済み)は前月比5万1000人減少した。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト79人の予想中央値は7万5000人減だった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物9月限は 前日比1.02ドル(0.8%)高の1バレル=125.10ドルで終えた。イスラエルのシ ャウル・モファズ副首相がイランは核兵器プログラムでの「重要な転機」に向 けた軌道にあると述べたことが手がかりとなった。

金融株

リーマンは7.6%高。米経済専門局CNBCは情報源を明らかにせずに、リ ーマンが住宅ローン債権や債務担保証券(CDO)をブラックロックに売却す ることで交渉を進めていると伝えた。リーマンの広報担当マーク・レーン氏は、 ブルームバーグ・ニュースに対し同報道に関するコメントを避けた。

S&P500種金融株価指数は0.6%上昇。週間ベースでは4%上昇。7月15 日に記録した9年ぶり安値からは25%値上がりした。

ニューヨーク証券取引所などを運営する米NYSEユーロネクストは13%安。 同社の4-6月決算は、項目別利益が1株当たり75セントと、ブルームバー グがまとめたアナリスト予想の同78セントを下回った。