7月の米非農業部門雇用者:5.1万人減少、失業率は5.7%に上昇(3)

米労働省が1日に発表した7月の雇 用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は 前月比5万1000人減少した。減少は7カ月連続。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト予想の中央値は7万5000人減だった。6月 の雇用者数は5万1000人減と、速報値の6万2000人減から修正された。

5、6月は合わせて2万6000人上方修正された。7月の統計を含め ると年初来での雇用者数は合計46万3000人減少した。この統計で、米 経済がリセッション(景気後退)入りしているとの懸念が強まる可能性 がある。

家計調査による7月の失業率は5.7%(前月5.5%)に上昇した。こ れは2004年3月以来の高水準。市場予想平均は5.6%だった。

グローバル・インサイト(マサチューセッツ州レキシントン)のチ ーフエコミスト、ナリマン・ベーラベシュ氏は「米経済がリセッション 入りしていることがあらためて裏付けられた。恐らく浅いリセッション だろう」と指摘。その上で、「個人消費が強く圧迫されることになろ う」と述べた。

事業所調査を項目別に見ると、製造業部門は3万5000人減少した。 マイナス幅は前月と一致した。市場予想は4万人減だった。自動車製造 部門は3000人減少した。

建設部門の雇用者数は2万2000人減(6月は4万9000人減)と、 マイナス幅は昨年10月以来の最小。金融機関は1万3000人減少した。

銀行や保険会社、レストランや小売業者を含む広義のサービス業の 雇用は5000人減と3月以来で初めて減少に転じた。前月は2万6000人 増だった。小売りは1万6500人減(前月は6300人減)。

政府系機関の雇用者数は2万5000人増加と、12カ月連続で増加し た。前月は4万3000人増だった。

週平均労働時間は33.6時間(前月は33.7時間)。製造業部門の週 平均労働時間は41時間で前月と変わらず。時間外労働時間も前月と同じ

3.8時間だった。平均週給は22セント増の606.82ドル。

平均時給は前月比6セント(0.3%)増加の18.06ドルと、エコノミ スト予想と一致した。前年同月比では3.4%増加した。