米ゼネラル・モーターズの4-6月:赤字155億ドル-米販売低迷響く

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM) が1日発表した2008年4-6月(第2四半期)決算は、純損益が155億ドル(1 株当たり27.33ドル)の赤字となった。トラックのリース事業、労使紛争に絡 むコストや米市場での販売低迷が響いた。

前年同期は8億9100万ドル(同1.56ドル)の黒字だった。売上高は前年 同期比18%減の382億ドル。一部項目を除いた調整後の損益は63億ドル(同

11.21ドル)の赤字。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想(12 人の平均)は同2.40ドルの赤字だった。

四半期赤字はこれで4期連続。損失が積み上がるほどに、ガソリン高で人 気が低下したピックアップやスポーツ型多目的車(SUV)から燃費の良い車 種へと軸足を移す改革の原資は失われる。リック・ワゴナー最高経営責任者(C EO)はさらに年90億ドルの経費削減を進めるとともに手元資金を最大170 億ドル増やす計画だが、黒字復帰の時期を明言してはいない。

GMの米国での販売は1-6月で16%減。アナリストは1日に発表される 7月の統計でも同程度の減少を見込んでいる。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jeff Green in Southfield, Michigan, at +1-248-827-2945 or jgreen16@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Versical at +1-248-827-2944 or dversical@bloomberg.net