中国のハイアール:米GEの家電部門に関心-買収の「機会」探る

中国最大の家電メーカー、ハイアール・グルー プ(海爾集団)は、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の家電部門に注 目しており、海外市場での事業拡大を目指し複数の買収の「機会」を探っている。

ハイアールの中国を除くアジア部門のチャン・ティエイエン最高経営責任者 (CEO)は1日の電話インタビューで、GEの家電部門買収について「可能性を 見極める」と述べ、「ハイアールはいかなる機会に対しても門戸を開いている」と 説明した。

GEのジェフリー・イメルトCEOは5月、ハイアールや韓国のLG電子が家 電部門の買い手有力候補となる可能性を明らかにしていた。ハイアールはウォルマ ート・ストアーズやベスト・バイなどの米大手量販店を通じ製品を販売しており、 1世紀にわたる歴史を持つGE家電部門を買収すれば、米市場での事業拡大に寄与 するとみられている。

シティグループやゴールドマン・サックス・グループの試算によれば、GE家 電部門の売却価格は30億-80億ドル(約3230億-8600億円)。